読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7人分の愛を捧げたい

ひたすらにキスマイちゃん(玉森くん多め)を愛でるブログ

枕を濡らした夜

 

3月16日夜8時過ぎ――何の前触れもなく『それ』は始まった―――。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ちょっと小説風に書き出してみました(笑)

何が始まったかというと地獄と天国に分けられるジャニヲタの裁判、

そう、運命のツアー当落です。

当落日は「16日以降に―」と案内されてはいたものの、確実な日にちや時間は公表されていないのでキスマイファンは一日中ソワソワしていました。

他のグループや去年の傾向を見ると夕方以降が多いことは知っていたので、今年も夜の6時くらいだろうと予測する人が多い中、時計の針が7時を回ってもそれはなかなか始まりませんでした。

私は既に『今日はもうないだろう』と思いこみ、油断していました。

そう、完全に油断していたんです。

 

 

ツイッターを見ながらごろごろしていた時、フォローしている人が「始まった」とつぶやいたのを目にして、ハッとしました。

そこから一気にTLが当落祭りになって、私はあわててマイページを見に行ったのですがページが重くてなかなか入れない。

当落確認を試みてから15分くらいたってからやっと確認ページに入れました。

そして真っ先に目に入ったのは羅列する「落選」の文字。

どうやら私は地獄の方に選ばれたようでした。

 

 

 

私は恐れていた「全滅」を経験したのです。

TL内も「自分名義は全滅」やら「やっと友達一人が当ててくれてて…」やらで埋め尽くされていたのでものすごい倍率だったことはわかっていました。

RTされてまわってきた「もうすぐファンクラブナンバーが40万いく!」という言葉と画像も目にしていましたから、その中でのアリーナツアーという激戦で私の名義が引っ掛かる確率が極めて低いことも。

 

 

一緒に申し込んだ親友も全滅で、今回はもう当てがないのでツアーはお留守番になります。

なるべく倍率の低いだろう場所や日を選んで申し込んだのですが、その努力も無駄でした。

あまりのショックにその日は寝付けず、17日が玉森くんの誕生日だったのにもかかわらず暗く沈んだ気持ちで暗闇の中で日を跨ぎました。(こんな暗い気持ちで誕生日をお祝いできずごめんね、玉森くん…ちゃんと翌朝にお祝いしたよ。)

 

 

タイトルは比喩なので実際には泣いてはいませんが(笑)それでもそれくらいの落ち込み具合で、朝起きてもテンションは暗いまま。

キスマイのコンサートに行けない。その言葉が何度もグサグサと胸に突き刺さってくるんですから。

 

しばらく「当選した」「ぜひお会いしましょう!」という文字を見たくなくて、ツイッターから遠ざかりました。

自ら傷口に塩を塗るような行為だとわかりきっていたので。私は自分第一人間なので自衛に関しては抜かりないです(笑)*1

ただ、今はツイッターも覗けますが、これからのツアー中の約4カ月もの間、きっと楽しそうなレポがTLで流れてくる中私はちゃんと意識を保てるのか今から不安でしかないです。

だからまたしばらくここも覗けない日々が続くかもしれません。

ジャニヲタってなんて辛いんだろう…ここになってそれを身に染みて感じる今日この頃です。

 

 

 

最後に付け加えるようで申し訳ないですが、当選された皆様、おめでとうございます!

とても近くでキスマイのみんなを拝めるチャンスです!!たくさんたくさん楽しんできてください!!!!

傷が癒えたらレポも見ます!!!ぜひともはてなブログに投稿してください(笑)楽しみにしています!(おもに私が!!!笑)

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 あー…全滅も覚悟の上だなんて前の記事に書くんじゃなかったよ。

全然覚悟できていないじゃないか……。

*1:こういう時だけはこの性格も助かりますww

INTER発売!(感想などもろもろ)

今日は待ちに待ったキスマイのニューシングル『INTER』の発売日です!

MV解禁の時からそれはそれは待ちわびた期待のトリプルA面です。

 

私は店頭で初回盤だけフラゲしたのですが、中身はさすがここまで力を入れているだけあるな。と。

まあトリプルA面と謳っていながらSEVEN WISHESだけMVがないという点は疑問ですが、Tonightと君のいる世界のMVはそれぞれ違った良さがあってどちらも最高の作品でした。

 

まず「君のいる世界」ですが、設定は新郎衣装に身を包んだキスマイたちとの甘々な結婚式という感じですね!笑

メンバーそれぞれにソロで正面アップがあるのですが、各々はにかんだり優しく微笑んでいたり恥ずかしそうに目を伏せたり…キュン殺しされるかと思いましたよ!!!!

おまけに最後は伏せ目がちな玉森くんの顔が近づいてきて……!?

【この先を知りたい人は有料会員登録をしてね!】(というのは冗談です。)

歌詞もキラキラウィンターソングで、明るいラブソングになっています。そして可愛い。

特に

何度でも 何度でも

赤い糸を強く結ぶよ はぐれないように

という歌詞が可愛くて可愛くて…!

ありきたりな表現なのかもしれないけど、そんな王道な歌詞をキスマイがキラキラソングに乗せて歌うって言うだけで理由もなく好きになれます。

真っ白な衣装に身を包んでこちらに向かって微笑んでくれるメンバーが愛おしいです…。

ああ、私、やっと玉森くんと結婚できるんだ…幸せ…♡*1

 

 

 

そしてもう一つのMV「Tonight」

こちらは君のいる世界とは全くジャンルが違うギラギラソングです!!!

FIRE BEATとかそっち路線です!!!

キスマイファンが大好きなやつです!!!!

エロティックで攻めるキスマイが合法で拝める素晴らしいMVですよ!!!!!*2

私これを家族のいる居間で普通に見てましたが、「エロい!」とか「はぁぁん♡」とか叫びたいのを我慢しながら見てましたよ!!!笑

「ああ…かっこいい…♡」と小声で洩れていましたが(笑)

少プレなどですでに披露されているのでダンスは何度も見ていますが、MVとなるとまた話は別です!

やっぱりダンスのキレッキレ具合はMVならではですし、アングルや編集もさすがですしね!!!

特に私がやられたのは、千賀さんと二階堂くんのペアカット、玉森くんの白い喉仏、藤ヶ谷さんの流し目、横尾さんの斜めアングル…などなど。

掘り出したら切りが無いくらい押しポイントがザックザックと出てきます。それはもう宝石箱のように。

あと個人的に北山さんの衣装がモモンガみたいで可愛いな、と思いました…(笑)

それから千賀さん、シングルの振り付けの夢が叶ってよかったね!!!

こんな素敵なダンスを考えてくれて本当にありがとうございます!!!!

昨日さんざん再生したMVですがまた今日も見るつもりです。キスマイの好きな曲がこれでまた更新されました。

ああ…とにかく最高でした…。

 

 

 

通常盤はこれから受け取るのでまだSEVEN WISHESと全力ファイターは手を付けていませんが今日取り込んで聞き込みます!

全力ファイターに至っては試聴もしていなくてそのタイトルのインパクトにやられていますが、どうやら噂によるとこちらも良曲らしく楽しみにしているところです(笑)

 

 

 

3/2追記

通常盤も聞きました!

全力ファイター、すごい好き!!!!

いい意味でキスマイっぽくない明るくてポップな応援ソングですね~♪なんだろう、全力でキスマイに応援されているような気がして思わず目頭が熱く…(涙腺が緩くなってきたのは歳のせいですかね…笑)

噂に違わず隠れ良曲!DVDのある初回盤もいいですが、ぜひ通常盤も手にしてほしいです!!!!さすが、カップリングは良曲が多いと言われるだけありますね~。

SEVEN WISHESも素敵な曲です!!旅をテーマにしているだけあってどこかに出かけたくなる曲です。

この曲をBGMにしてドライブしたいですね~!あ、いつかここでドライブBGM集をキスマイで作ってのせようかな(笑)

 

 

シングルも発売してツアー申し込みも済ませたので、後は当落ツアー本番を待つのみとなりました。

全滅も覚悟していますが、そうだったらきっと相当落ち込むと思います。

当落が始まってもしばらく更新がなかったら察してください(笑)

 

それでは。

*1:完全に痛い子ですがスルーしてください!www

*2:若干深夜テンションで壊れていますが、書いているのは真昼間ですwww

キスマイアリーナツアーに不安しか感じない

そのメールが届いたのは7日の正午のことでした。

その日仕事が休みだった私は、友人と出かけていました。

スマホのチェックをまったくしていなかったから、私がそのメールに気が付いたのは遅いお昼を取っていた午後1時半くらいだったと思います。

 

最近、ジャニーズのアドレスからメールが来ると『ツアーが決まったんじゃ…!?』と勝手にドキドキして、でも全然違う内容だと『なーんだ』と落胆するのが定番でした(笑)

今回もそんな期待をしつつ、でもまたテレビ情報とかだろうな、とショックを受けないように予防線を張ってメールを開きました。

 

そして真っ先に目に入った『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017』の文字。

 

友人の前で思わず声をあげてしまい、どうしたのかと怪訝そうな顔をされたのは言うまでもありません(笑)

待ちに待った念願のライブツアーが発表されて、私は舞い上がったのです。

 

 

 

……が!!!

 

 

会場を見た瞬間に「あ…そうだよね…」と一気にテンションが下がってしまったのです。

この間わずか数秒です。

 

友人からは、いきなり奇声をあげて顔を輝かせたと思ったら、一瞬のうちに絶望の顔になってちょっと怖かった、と言われてしまいました(笑)

 

テンションが下がってしまった理由は、その次に見えた「アリーナツアー」という文字でした。

まあ関ジャニ∞さんが夏にドームツアーをやることは決定しているし、各会場の日程的にも同じような時期にドームツアーを行えないことはほぼ確定していたことなので、ツアーがあるとしたらアリーナツアーだろうな、と以前から予想はできてはいました。

でもいざ発表されるとやっぱりショックなもので。

 

もちろんライブは嬉しいです。

生のキスマイに会えるチャンスが、今年は28公演もあるんですから。

でもアリーナは収容人数が主要ドームの4分の1、ひどくて5分の1に満たない会場もあるんです。

いくら公演数が多くなったとしても、ドームツアーでの収容人数に比べたら激戦を覚悟しなくてはいけません。

ドームツアーでさえ全滅してしまう人がたくさん出るのに。

 

そして収容人数が少ないということは当たり前ですが会場も小さくなるということで、キスマイがあの広いドームをローラースケートで疾走する姿を見られないというショックも大きいんです。

やっぱりローラースケートのスピードを生かせるのはドームならではだと、個人的には思っています。

 

 

今回がどういう申し込み方法になるのか分かりませんが、もし先振り込みになったら一気に何万という大金が必要になります。(人によっては軽く十万を超えますよね)

私もどれか一つ当たればいいという気持ちで、行ける日は全部申し込むつもりでいるので相当な大金を積まなくてはいけません。

 

 

ジャニーズを追いかけるってなんて大変なんだろう、と改めて実感ました…。

ライブツアーひとつとってもこんなに心を揺さぶられるのですから、ジャニヲタは心を強く持っていないとやっていけないですね(笑)

だってこれはまだ日程が発表されただけですよ!?

今の段階でこんなにざわざわしていたら、当落はもっと荒れに荒れますよね…。

血を見るかもしれない、下手したら死人が出るかも…*1

ああ、もう今から恐ろしい…

とにかくひとつだけでも当選してくれたら私は自分の名義を大いに褒めることでしょう(笑)

 

これから毎日寝る前のお祈りをしようかな、と本気で思っています。*2

では。

*1:死人は出ません

*2:無宗教です

ジャニヲタがSEKAI NO OWARIのライブに行って驚いたこと

その他

先日友人に誘われてナゴヤドームで行われた『SEKAI NO OWARI』のライブに行きました。

私は学生時代の友人がセカオワの大ファンでよく曲を聴かせてもらっていましたが、卒業してからはめっきり会わなくなり必然的に曲も有名どころを数曲知っているのみです。

今回はとりあえず有名どころだけ行きのバスの中で聞きました。

 

 

ということで、ジャニーズ(キスマイ)のライブしか入ったことのない私が、SEKAI NO OWARIのライブを見て驚いたことをまとめてみました。

 

※因みにものすごいネタバレをしていますので、大阪公演に行く予定の人は要注意です!!!!

 

 

 

 

1.世界観が凄い

第一にドーム内のセットが凄いです。

中央のステージに大きな木が立っていて、セカオワのメンバーはその周りで曲を披露します。

360°ステージになっているのでメンバーが演出を入れつつ移動して、どこの客席で見ていてもメンバーが一回は自分から見える場所に来てくれます。

ライブが始まる前の雰囲気にもこだわっているようで、川のせせらぎや鳥のさえずりが聞こえてきました。(設定は森の中らしいです)

それから座席表や座席ブロックも凝っていて、それぞれの席やブロックに『market』『hospital』『café』などの名前がついています。

画像はこちら。

 

f:id:riritama:20170206091610j:plain

 

因みに私は『park』というスタンド席でした。1塁側スタンド1階です。

ホームページにもツアー特設ページがあり、世界観の徹底ぶりに驚きましたね。

 

 

 

 

2.ツアーグッズがネットで買える

ファンクラブ会員になっていれば当日の会場で並ぶ必要が無いんですよ!!!凄くないですか!?

とっても便利ですね。

(因みにファンクラブには2種類あって、年会費5,800円(税込)で会報や会員証が手元に届く『R,A,I,N,S』と、会報などは届かないけど月額300円(税抜)で気軽に入会できるネット会員『S,N,O,W,S』があります。どちらでもファンクラブ先行チケットを買うことができるので、特別記念品や会報が欲しい人と、ライブに行けるだけでいいという人とによってどのファンクラブに入るか決められる仕組みです。)

会員じゃない私は当日30分くらいグッズ列に並んで買いました(笑)

あ、それからペンライト?がめちゃくちゃお洒落なんです!

腕時計みたいな形をしています。スターライトリングって名前なのですが、これも演出の一つで会場内で電源を入れても光らず、曲によって勝手に色を付けて、勝手に色替えされるという制御システムです。特に何かの機械と連動させる作業は無く、買ってそのままつけるだけ。

これはジャニーズでも導入しているグループがありますね。

有名どころだと嵐がそうだったような。

セカオワのライブで使ったスターライトリングはもちろん別のライブでも使えます。

友人は昨年買ったものを持ってきて使っていました。

 

 

 

 

3.お客さんの服装に驚き

ジャニーズ程カラフルキラキラという感じではないけれど、やはりどのジャンルにも服装にこだわる人はこだわるんだな、と思いました。

セカオワのライブでは仮装をしている人が多いです。

セカオワ自体ファンタジックな曲を歌うことが多いためか、白雪姫や動物などの格好をしている人を多く見かけました。

でもそれよりも多く見かけたのはメンバーの仮装をしている人。

Saoriちゃんのように金髪と黒いワンピースを着た女の子や、Fukaseさんをイメージした赤く髪を染めた人も多く見かけたし、Nakajinさんのトレードマークのシルクハットとサスペンダーの格好をした男性もたくさんいました。

そして仮装とまではいかないけれど『RPG』のPVでメンバーが着ていたカーキ色のモッズコートを着た人が本当にたくさんいました。

今回は冬だし取り入れやすいですよね。

因みに私は特に意識せずにカーキ色のブルゾンを着ていました(笑)

そういうつもりでは全くなかったので、最初会場でカーキ色を見かけるたびに

『今年の流行にしてはカーキ色人口が多いような…』

と普通に首をかしげてしまいました(笑)

 

 

 

 

4.写真撮影OK

これが一番驚きました。写真撮影OKなんですよ!!!!

席に着いてからもみんな普通にパシャパシャ撮ってます。

誰も何も言いません!

むしろメンバーがツイッターで「記念に撮っていいよ!」と言っているくらいです。

しかもライブ中も撮影していいんです。

メンバーを写真に撮っていいなんて…かなり驚きましたね。

でも曲に集中している人が多いからライブ中に撮る人はあまりいなかったかな。

時々「パシャ」とシャッター音が聞こえてくるくらい。

因みに動画は駄目です。写真撮影のみで、それも記念撮影程度にして欲しいそうです。

まあその辺りはマナーと言うか常識と言うか…ずっと腕をあげていたら後ろの人が見えにくくなっちゃいますもんね。

因みに私が撮った写真はこちら。

 

f:id:riritama:20170206120138j:plain

 

スタンドでスマホのカメラだとこれが精一杯でした(笑)

これで世界観が伝わればいいですが、かなり大きな木が真ん中にどーんと立っているんです!

 ちなみにステージの右端に見える赤い頭はDJ LOVEさん、左端に見える人はSaoriちゃん、そしてこの画像では見つけることが難しいですが正面にはFukaseさんが歌ってます。

Nakajinさんは反対側のステージにいます。

 

 

 

 

5.ジャニーズじゃなくてもトロッコ演出がある!

これも結構驚きました。あのトロッコ演出はジャニーズ特有のものかと思っていたので。

アンコールも終わってメンバーがはけていくときにメンバーがトロッコに乗って客席に手を振ってくれます。

私がいた客席側にはFukaseさんとDJ LOVEさんが来てくれて、スタンド席にもたくさん手を振ってくれました。

ジャニーズじゃなくてもこうやって手を振ってくれたり笑いかけてくれるってやっぱりファンからしたら嬉しいものなんですね!私もたくさん手を振りかえしました!

 

 

 

SEKAI NO OWARIの楽曲はそんなに詳しくないし、曲名と歌が一致するものも少ないけれど、そんな私でもすごく楽しめたライブだったな、と終わってみて一番の感想でした。

本当にライブ演出のこだわりがすごくて、今回はFukaseさんの作った物語を演出の中で森の動物が語りながら、その物語の展開にあった曲を披露するという感じでした。

世界観はディズニーっぽかったですね。手や口が動くようにプログラムされた森の動物の人形のセットがアリーナにあって、彼らが物語を話してくれます。

このセットの凝りようがほんとすごいな、と素直に感動しました。

それもナゴヤドーム公演は2月4日の1回だけだったんです。

その1回のためにこんなステージを作るって本当にすごいと思うんです。

 

もしまたライブに来れる機会があったら是非また来たいと思いました。

ジャニーズとはまた違った感動やドキドキが味わえる、そんなライブでした。

前から思っていたことだけど、セカオワの楽曲ってメッセージ性が強いものが多いんですよね。

これを機会にもっとちゃんと曲を聴こうかなと思いました。

 

 

以上、ジャニヲタがSEKAI NO OWARIのライブに行って驚いたことでした!

一般男性がジャニーズに嫌悪感を抱く理由を考えてみた

ジャニーズ考察

久しぶりの更新なのにあまりまとまりのない記事を投稿して申し訳ないのですが、私の職場の男性で、ジャニーズを好ましく思っていない人が多いのでちょっと考察してみました。

 

まあ初っ端から結論を言ってしまうけど一般男性がジャニーズを毛嫌いする理由は

 

結局女の子からちやほやされるのが気に食わないってことなんですよね!

 

 

はい、終了!解散!!

 

 

 

 

 

 

というわけにはさすがにいかないので(笑)ちょっと掘り下げてみようかと思います。

 

まずジャニーズが嫌いだと公言する、私の職場の男性2人を例に挙げてみます。

 

男性Aさん

美人な奥さんと二人の子供を持つお父さん。30代後半。

現在の奥さんを当時の彼氏と別れさせて付き合って結婚したという武勇伝を持っています。女の子好きで、職場の若い女性社員とお話しするのが大好き。でも発言は嫌みがなくてスマートなので女性人気が高い。普段おちゃらけて見えるけど仕事に関してはできる男。

 

男性Bさん

学生時代はやんちゃしていたパリピ男性。20代後半。

現在特定の彼女はいないが女の子の友達が多い。コミュ力が高く、男性の友達や知り合いも多い。女の子好き。朝に弱い。嵐は許せるジャニーズらしい。

 

彼らは普段からジャニーズ嫌いを公言しています。

Aさんはアンチ北山くんで、キスマイの話題が出ると「俺北山だけはどうしてもジャニーズとして認められない」と力説します(笑)

Bさんはジャニーズの楽曲全般が気に入らないらしいです。

Bさん曰く「まったく響かない。歌詞が薄っぺらい。」だそうです。

 

 

 

私の周りに限りなのかもしれないけれど、こうしてジャニーズ嫌いを公言する男性って、ある程度女の子にモテて女好きな男性が多い気がします。

だからなのか、自分よりも持て囃されるジャニーズが気に食わないんだろうな、と思います。

 

こういう男性って俳優とかバンドマンとかジャニーズ以外のアーティストの男性のことは特別嫌いでもないみたいなんです。

まあそればかりではないのでしょうが、俳優や男性アーティストも女性からキャーキャー言われやすい職業なのに、彼らはあまり嫌われないのはなぜなのか。

少し考えてみたところ、そういう嫌われない男性の共通点は、自分が持っていない専門的な能力がある人だからなのかな、という結論に至りました。

演技力や表現力、作詞作曲するセンスや芸術性などなど。

一般男性は基本的に持ち合わせていない能力ですよね。(才能があったとしても普通に生活している分には発揮される場面は少ないですしね。)

自分には敵わない何かを持っているから、むやみやたらに毛嫌いできないのだろうなと思いました。

 

男性って競争心が強い生き物として有名ですよね。

生物学的というか、生まれ持った本能というか、基本的に女性の気を引くために他の男性をライバルとして競う生き物だと、いろんな恋愛コラムなんかで書かれているのをよく見かけます。

自分より優秀な男には敵わないと身を引くだろうし、自分の方が上もしくは同等くらいの男には闘争心を燃やす。

これをジャニーズ嫌いに当てはめると、

特別歌唱力も高くない、ダンスだって練習すれば誰でもできそうなレベル、トークも芸人ほど面白くない、顔だけがいいという理由でたくさんの女性の好意を向けられる。

それが気に食わないんだろうな、と。

※ボロクソ言いましたが、決してジャニーズを貶したいわけじゃありません!*1 

 

女性にあまりモテなくて自分に自信のないタイプの男性は、どちらかというとジャニーズに対して強い嫌悪感は持っていないような気がします。*2

少なくとも私の周りはそうです。

 

むしろ自分にある程度の自信があり、女の子が好きで、コミュ力が高くてモテる一般男性の方がジャニーズ嫌いが強いな、と。

本能的に顔がいいだけでちやほやされることに嫌悪感を抱くのでしょうね。

 

 

これはまた別の話になるのですが、男性が男性アイドルに対するイメージと、女性が女性アイドルに対するイメージの違いもまた面白いですよね。

女性アイドルには女の子のファンもたくさんいますしね。

これに関してはまた一つ記事ができそうです(笑)

この違いも生まれ持った本能が関係してきそうだなーと個人的には思います。

 

 

あと最後にちょっと言わせてもらいますが、

 

顔がいいだけでキャーキャー言われているだけがジャニーズじゃないんですよ!!!

 

曲とか顔とか性格とか今までの努力とか…もろもろトータルでそのタレントの魅力なんです!(これを読んでいる方はわかってくれますよね(笑))

 

ということで今回は未熟ながら考察記事を書いてみました。

約2,000字書いていますがこれでも書きたかったことの7割しか書けませんでした(笑)

本当はAさんの北山嫌いやBさんのジャニーズ曲批判についてももっと掘り下げて分析するつもりだったのですが…。

ほんとまとまりがなくてすみません(笑)

 

*1:ジャニーズによっては歌が上手な人もいるしダンスが得意な人もいますが、これはあくまでも例です。

*2:あまり好きじゃないけど、という人は多いですが

キスマイNewシングル発売決定!

キスマイ

先日、キスマイのNewシングルの発売が発表されましたね!

発売日は3月1日です!

今回はキスマイ初のトリプルA面シングルということで、シングルだけれど表題曲が3曲収録されています。

最初、トリプルA面??何のことだ??と内容の意味が分からなかったけれど、カップリングということではなく、シングルとして3曲発表するということなのですね!*1

そういえば両A面は過去にも何作か出ていますが、3曲出たことは一度もないですね。

 

シングルのタイトルは『INTER』

収録曲に同タイトルのものがないから、ミニアルバム的な意味合いが強いのでしょうか?

それぞれ3曲とも何かのタイアップになっているとのことです。

『君のいる世界』はホッカイロぬくぬく当番のCMソング

『SEVEN WISHES』はKIS-MY-NAGASAKIキャンペーンCMソング

そしてまだタイアップ未発表の『Tonight』

 

前シングルのSha la la☆Summer Timeのカップリングでメンバーユニットソングが入っていました。

avexのキスマイサイトのスタッフブログではユニットソング第一弾として公表していたので、次のシングルにも新たなユニットソングを期待していましたが…この感じだと収録はなさそうですね。

カップリングは通常盤に1曲入っているだけみたいです。

それでもNewシングルの発表はキスマイファンも待ちわびていたのでとても嬉しいですね!

 

ちなみに『INTER』の意味は、埋葬する、死体を埋めるなどの意味と、~の間という意味があるみたいです。

スタッフブログでも意味をいろいろ想像してみてください、と書いてあるので何かしらの意味合いがあることは間違いないのですが、この時点だとどういう意味なのかは推測しづらいですね…。

死体を埋めるとかの意味ではないことは確かですけどね(笑)*2

「~の間」という意味だと取ると、アルバム(もしくはライブ)までの間という意味でしょうか?そうしたら3月に発売のINTERからちょうど3か月後の6月からドームツアーとか??…深読みしすぎですかね?笑

でも去年は6月末にアルバムの発売があってその一週間後にはライブツアーがスタートしたので、そういうとらえ方もありそうですよね。

まだいろいろ詳細が未定で現段階ではINTERの意味も推測できないのでこれくらいしか私は推測できませんが、他の方の推測も見てみたいですね。

 

あと、今ふと頭をよぎったのは、毎年行われるドームツアーとは別のライブツアーやライブイベントとかをこのINTERを引っ提げてやるという考え方もあり得そうだな、と…。

ドームツアーまでの間という意味を込めて。

それこそ夏をテーマにした去年のドームツアーとは逆に冬をテーマに11月とか12月に持ってくるとか…!!

 

なんて(笑)

そうなったらものすごくうれしいのですが、そんな都合よく事は運ばないですかね(笑)

Twitterではいろいろな憶測が飛び交っていますし、そうやってファンの子たちがワクワクドキドキしながら推測する様子は見ているこっちもワクワクドキドキしてきますよね! 

 

早くキスマイたちにあえる現場が欲しいです(笑)

それでは、今日はこの辺で。

*1:意味が違っていたらすみません

*2:案外そっちの意味だったりして…?

もしキスマイがズートピアの登場人物だったら

もしもシリーズ

昨日はちょっと暗い記事を書いてしまったので、今日はガラッと気分を変えて「もしもシリーズ」を一つ投稿したいと思います!

 

 

年末に近くの本屋さんでディズニー作品年末年始割引セールをやっていたので、前々から欲しかったけどなかなか買うまでの意欲を持てなかった「ズートピア」を購入しました。

ズートピアは私の中でかなりハマり、映画館に二回も行くという初の試みをした作品でした。*1内容も素晴らしいしメッセージ性もたくさんあるので大人が見ても損にはならない作品です。ディズニー作品の中でもとてもお薦めできます!

そんなズートピアですが、一番の目玉はウサギの警官とキツネの詐欺師というちぐはぐバディですよね。詐欺師と警官が協力して大きな事件を解決していく過程は結構な王道ですけどそこがまた面白いわけで。そんなズートピアを年末年始休暇で4回ほど見ていたら*2キスマイのメンバーがもしズートピアのキャラクターだったら、という面白い妄想が働いてしまったので書いていこうかなと思います(笑)

 

※毎度のことですがこれは私の独断と偏見で勝手にキャラクターと照らし合わせていますので、「イメージと違う」「○○くんはこういうキャラじゃない」というご意見は受け付けませんので、読まれる際は十分気を付けてください。

※キャラクターが読者さんのイメージと違っていたら、ぜひご自身の想像するキャラクターを当てはめてブログの記事にしてください!需要とか関係なく私が見たいです!!笑

 

 
 
北山宏光

チャラさ加減がニックに一番ピッタリくるのが北山さんかな、と個人的に思うので詐欺師役を。

登場シーンはナンパですね。

軽い口調で都会の女の子たちをタラシこんでクラブとかに誘うチャラい詐欺師の北山さん。自分を高スペックだと嘘をつきます。

でもそこをあのにんじん型のボイスレコーダーで録音されてしまって、主人公に弱みを握られちゃうという(笑)

仕方なく捜査に協力するも、行く先々で女の子に声をかけまくる北山さん。

主人公は心底呆れてるんだけど最終的には北山さんのその顔の広さが決め手となって無事事件を解決!

主人公も最初はナンパ師の北山さんに呆れていたけれど、一緒に行動するうちに絆が生まれ最後はズートピアの結末と同じく最高のバディとして一緒に働くっていう展開です。

そこに淡い恋心も生まれてくれたら最高ですね(笑)

なんだかんだ言ってバディの子も落としちゃう北山さん素敵…!

 

 
千賀健永

千賀さんは詐欺師見習い?でまだまだ下っ端のポンコツ詐欺師とか可愛くないですか?

そのため彼の立ち位置も北山さんと同じく詐欺師役。

でも本当のニックとは全然役どころが違うんです(笑)

彼はもともと嘘を吐くのが下手くそで、詐欺も失敗しがち。

そんな千賀さんの一人詐欺デビューに運悪くも警察(主人公)に見つかって危機に陥るんだけど、それがきっかけで大きな事件に発展してしまうのです。

千賀さん自身は直接その事件に関わりはなかったんだけど、警官である主人公に疑惑を持たれていて一緒に捜査することになってしまいます。

まあでも結局は千賀さんの尊敬する先輩詐欺師が事件と大きく関わっていて彼も自分の知らないところでその事件に加担していたという結果に。

詐欺師の自分も信じていた人から詐欺にあっていたことを知り、そして事件を捜査しているとき詐欺にあって悲しむ人たちの実情も知り、心を入れ替えた千賀さん。

これ以上悲しむ人を見たくないという思いから、警察官になる夢を持つという結末になりそうですね。

 

 
宮田俊哉

宮田さんはZPDの受付役です。ニコニコの笑顔で警察署に来る人を迎えるのが役目。

ズートピアで言ったらチーターのベンジャミン・クロウハウザーですね。

アニメが大好きで熱弁しだすと止まらないところが、ガゼル*3に夢中になっちゃうクロウハウザーと重なるところがある気がします(笑)

でも宮田さんの場合は仕事はきちんとしてそうですけどね。

主人公に色々と手助けをする役割で、捜査に行き詰ったりバディがうまくいかなくて落ち込んだりしている主人公にさり気なくアドバイスを与えたりサポートしたりしてくれたら最高ですね。

確かBlu-rayの特典に入っていた未公開シーン集に、ジュディが同僚のパソコン*4を使って事件を探っているシーンがあるのですが、そのパソコンを宮田さんが貸してあげるっていう展開も良さそう。

捜査に行き詰って右往左往する主人公に「良かったら俺のパソコン使う?もうすぐ受付も閉める時間だしそのあとは使い放題だよ」って言って欲しいです!

そこで糸口を見つけて元気になる主人公をニコニコして応援してそうですね!

 

 

横尾渉

横尾さんは主人公の同僚で。

クールで捜査も淡々とこなす横尾さんは主人公のサポート役です。

最初は新しく入ってきた新人ウサギ警官にはとことん興味が無いのですが、横尾さんが当たっていた捜査に主人公の捜査も関わってきて必然的に接触することに。

警官と行動を共にする詐欺師に顔をしかめる横尾さんなのだけど、一緒に行動するうちに二人の捜査を積極的に応援するようになっていくという展開が良いと思います!

コンビもいいけどトリオもいいと思うのです!!!

映画ではない展開だけど、横尾さんがズートピアに出るなら準主役的立場を与えたいな、と個人的に思った次第です。

あわよくば主人公と詐欺師の仲を取り持ってくれたらなお最高です!!

ズートピア本編でもあったけれど、主人公と詐欺師の間でトラブルがあって仲違いした時に横尾さんが上手に取り持ってほしいですね!

 

 

藤ヶ谷太輔

藤ヶ谷さんはその演技力から主役級の役を与えたいところなのですが、ここは趣向を変えてズートピアの一市民としての登場で。

ズートピア本編で言えばMr.ビッグ的な立場で、主人公の捜査に協力する役割でお願いしたいですね。

ちょっとした権力の持ち主で、その権力で悪人を懲らしめたり主人公をサポートしたり。主人公を底なしに応援する役です。

まあそれもきっかけがあっての事なのですが、敵にまわしたくないタイプの味方という立ち位置でいてもらいたいです!

 

 

玉森裕太

玉森くんは詐欺師の仲間と言う役どころを。

ズートピア本編で言ったらフィニック(ニックの詐欺師時代の相棒で渋い声をしたフェネック)の立ち位置でしょうか。

フィニックみたいな渋くてイカしたキャラと言うよりはどちらかというとゆるゆるでやる気のなさそうな感じで演じて欲しいです。*5

なんだかんだ言って憎めないキャラだけど詐欺の腕はすごい、みたいな(笑)

常に気怠そうで仕事が無い時はアジト?ですやすや眠っていて欲しい(笑)

人づきあいは得意じゃないので主人公にも愛想が無いけど、何だかんだ言って主人公と行動を共にしている詐欺師が元相棒と言うことで、捜査にもちょっと協力しちゃうんです。

それでガラにもないことをしたな、と思うけど、こういうのもたまには悪くないね、とわずかに微笑むのとか玉森くんっぽくていいな、と思います!

でも主人公たちとはそれ以上の関わりは無いから、ストーリーが終わってもそのまま詐欺を続けると思います。

いい人なのはその時だけ、見たいな(笑)

詐欺師な玉森くん素敵すぎる!

 

 

二階堂高嗣

二階堂くんは主人公のライバル的な立場がいいです。

詐欺師のライバルでもいいけど、ここは警察官のライバルで!

主人公の捜査を邪魔したり嫌味を言ってきたりするキャラクターなんだけど、自分は最終的にとことん失敗するというちょっと残念な役どころ(笑)

ズートピア本編ではこういう役は登場しないけど、特典でボツになったキャラクターの中にニックのライバル的なキャラクターがいたと明かしていたし、そう言うキャラクターがいても悪くないかな、と思いました。

まあなんだかんだ言って憎めないキャラと言う立ち位置でいて欲しいですけどね。

警察学校を首席で卒業していきなりセントラルに配属されたエリートの主人公を妬んでいて、主人公の仕事を奪うこともあります。

あと主人公のバディとして詐欺師がいることも気に食わないんです(笑)

実はそれも嫉妬で、本当は主人公に片思いしているという設定だったらなお美味しいですよね!!*6

 

 

結局ズートピアは全く関係ない感じになってしまいましたが、なかなか面白かったですね!それぞれにストーリーが展開できそうです!

 

以上、キスマイがズートピアの登場人物だったら、でした!

*1:基本的に映画は一回見れば満足してしまう性質なので

*2:ほぼ毎日見ていたことになります笑

*3:ズートピアのアイドル的なキャラクター

*4:ゾウなのでとても大きなパソコン

*5:玉森くんそのままですね笑

*6:趣味が駄々漏れですね笑